読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由な音楽、不自由な音楽

「人類は自由を求めてきた」
ある宴会の席で、作曲の師からこんな話が出た。
寒さや飢え、野生動物などの危険から自由になるための自然との闘い。豊かになるにつれ、財産が蓄積され、貧富の差が生じ権力が生まれた。支配層と被支配層が登場した。被支配層は支配と抑圧から自由になるために闘った。支配層は支配層で、より豊かで自由な暮らしと支配のために、代を継ぐ繁栄のために、掘り尽くし、切り倒し、汚し、殺し合ってきた。

 

未だあくなき自由を求める人々がいる反面、自由は行き着いたと感じ、自由から逃れようとする人々も現れた。自ら束縛を求め、信仰宗教に身を浸す人々。豊かな生活の中で、今度は精神的束縛を求めてゆく人々。中には精神を病み、自らの生命を絶ってしまう人々もいる。

 

 

師はこんな話から音楽の話に移られた。
演奏家は自由を求める」
あらゆる技術的制約から自由になること。これこそが演奏家と呼ばれる人々が指向する方向性だと師は述べられた。そのために闘う。

 

「作曲家は束縛を求める」
作曲家は自らを束縛と内省の中に求める。自らが決めたルールを守り、その中に美を求める。完全なるものを志向し、それこそが美を追求する道だと言い聞かせ、人にもそう語る。

 

 

ここで宴会の陽気な波に飲まれ、この話は終わったのだが、自分なりにこの続きをいろいろとこねくりまわしてみた。

 

「芸術は監督され、制限され、加工されることが多ければ多いほど自由になる」とはストラヴィンスキーの言葉だ。
と同時に、自由への欲望もあるものである。
「時には自由な幻想へ想いを馳せ、気ままに作曲してみたいものだ」
シューマンの言葉だが、彼は厳格な作曲技法を駆使しながらも自由な幻想を大切に扱った作曲家である。大変な葛藤があったのであろう。
たとえば自由な作曲家もいる。サティやドビュッシーなどはその部類に入るかもしれない。ただし、凡才が真似のできる芸当ではない。唯我独尊の道を行く作曲家もいらっしゃるだろうが、それもどうかと思う。
「作品が演奏されることに重きを置く」
これも師の言葉だが、できればそうありたい

 

何だかよくわからなくなってきた。

 

数日考えたり探したりしているとよい言葉に出会った。作曲家の別宮 貞雄さんが、この辺りのバランスをうまくおっしゃっていたので、この言葉でしめることにしよう。
「多くの作曲家は、素人の表現論者に対しては音楽の自律性、音そのものの完全性を主張するものであるが、そして作曲するにあたって意識の上ではそのつもりで努力するものであるが、それだけが全てではないということは知っているものである」

 

私の目指すべきもこれではないだろうか、というところに落ち着いた。