読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PENTAX Q7

道具 写真

写真なんてスマホで十分だと思っていて、人にも公言していた私だが、最近実はカメラを購入した。「あいつ、あんなこと言ってたくせに」などと言われることなど何でもないのである。私は常に柔軟に変化していきたいのである。

 

虫のいい話だが、写真という芸術は実にいい。過ぎ去ってしまう時間や瞬間を止め、閉じ込めることができる。世界の美しさを見つけ、永遠にすることができるのだ。

 

まだまだ素人の域を出ないし(そもそも一生その域を出ない可能性の方がはるかに高いのだが)、お金も大してかけていないのだが、限られた条件の中でそれなりによい写真を撮るために勉強したりして楽しんでいる。

 

カメラを選ぶにあたっては、とにかく楽しいカメラがいいなと思い、PENTAX Q7というカメラを購入した。小さくて軽いくせに、一丁前にレンズ交換もでき、一眼レフ機並みにいろんな設定ができる。そして何よりレトロなデザインがおしゃれな、遊び心のあるやつである。

センサーサイズが1/1.7型と小さく、背面液晶も46万画素と、なかなかよろしくないところまで含め、愛着が持てる。

 

f:id:pianocat:20170310221710j:image

 

レンズは、

01 STANDARD PRIME

02 STANDARD ZOOM

06 TELEPHOTO ZOOM

という3種類を揃えた。

これだけあればなかなか遊べる。

 

このブログでも、これから撮った写真を紹介することにする。

一体何のブログなのかわからなくなってきたが、そこは気にせず、気ままに書いて、載せていくことにする。