読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人や社会の職人としての作曲家

音楽

芸術家は孤高であるべきか。
大芸術家には孤高の人が多い。だがそれは、社会や人と隔離して、自らの芸術に唯我独尊的に創り、生きていたということにはならない。彼らは社会や人に対する、鋭い洞察と深い愛を持っていた。そして憂い、問いかけ、投げかけた。真の意味で社会と人についての達人であったように思う。そうでないものは皆、やはりニセモノとまでは言わないが、少なくとも私は魅力を感じない。

 

芸術家である前に、まず職人でありたいと思い、常に目指してきた。芸術的であるより、まず作品をしっかりと作れるようになりたいと思ってきた。きちんとしたものを作れる職人でない者が、真の意味での芸術家にはなれないと思ったからだ。大作曲家たちも皆、職人作曲家ではなかったか。バッハは日曜日のミサのために、ハイドンは宮廷の演奏会のために、曲を書いた。モーツァルトも、ロッシーニも、依頼主のために台本通りにオペラを書いた。その他の大作曲家たちも、多少の差異はあろうが、自らの欲求と他者の欲求という矛盾との対決の果てに、名作を生み出してきたのだと思う。そしてそういう職人であるからこそ、社会や人としっかりとつながる芸術家になれるのだと思う。
自立してこそ、社会と融合できる。一見矛盾しているようだが、これこそ真理ではないだろうか。

 

「作品が演奏されることに重きを置く」
これは私の師の、作曲に対するひとつの哲学である。音楽が人と社会に対して貢献できることはたくさんあるだろう。しかし、貢献できるかどうかは相手の問題をも含む。作曲家という立場からできる、人や社会へのアプローチとして、これほど適切な言葉はないのではないか。そしてこれこそが、音楽が人と社会に関わるための、唯一の入り口ではないかと思っている。